こんなに簡単?壁・天井のリフォームで印象を変える!

>

壁や天井リフォームの注意点

信頼出来る業者を選択

仕事でもない限り、普段からリフォームの事を考えるのは稀です。依頼する前になって調べるのが大半ですが、この場合何に注意すべきでしょうか?
プロへ依頼する場合は、業者選びによって施工の満足度が決まります。
始めから1つの業者に固定するのではなく、まずは複数の業者をピックアップしコンタクトを取ります。この時に質問や相談を行い丁寧に対応してくれるか、または施工のメリットだけではなくデメリットもしっかりと伝えているのかを確認します。
業者に目星が点いたら契約ですが、リフォームの場合は契約書以外に設計図面・仕上表が必要になりますので、確認の上納得出来たら施工を開始して下さい。
これらの書類説明が曖昧な業者は、契約するのにおすすめしません。

リフォーム後の注意点

施工が終わって、住宅が見違える様に変わった。一刻も早くその住宅に戻りたいのは理解出来ますが、リフォーム後にもいくつか注意点があります。
施工後に本当に問題が無いか、希望通りに仕上がっているのかを確認します。図面や契約通りに施工がされているのであれば問題無いですが、仮にそうでない場合は必ず担当者へ伝えます。出来れば契約前に「不備が発覚した場合はいつ、どの様に修繕してくれるのか」と取り決めるとスムーズです。トラブルが絶対に無いとは言えませんので、保証の手厚いリフォーム業者へ依頼するのも良いですね。
リフォーム業者がOKを出すのであれば第三者、特に住宅診断士の資格を持っている方がいれば同行してもらい、チェックをすると確実です。


この記事をシェアする